医療連携ツール
更新:2016年05月10日
  
  協議会ホームへ 資料室TOP  地域包括ケア  ケアプランツール  医療連携ツール  要介護認定ツール  介護保険情報


What's New

2014/10/01

医療機関との連携ツール活用について+資料①~③(YCM医療連携委員会)

2016/05/10

入院時/退院・退所時情報提供書 Rev3a 資料②

2014/10/01

医療機関との連携ツール活用について資料④(YCM医療連携委員会)

2014/10/01 医療機関との連携ツール活用について資料⑤(YCM医療連携委員会)

     


 当協議会の医療連携委員会では医療機関との連携ツール「入院時/退院・退所情報提供書」を作成して、入院時の医療機関への情報提供と、退院時の医療機関からの情報提供を戴き、退院後の利用者の療養・介護情報を共有してきました。

 医療機関では、平成26年4月の診療報酬改定で「介護支援連携指導」が改定され、要介護者の退院後の介護サービス指導の算定ができるようになったことから、入退院時にケアマネジャーとのカンファレンスを積極的に行う病院が増えています。これを契機に、YCM版「入院時/退院・退所時情報提供票」も連携資料として医療連携室等から受容れられるようになりました。

 一方で退院時の「介護支援連携指導」には、医療機関はケアプランの写しを診療禄に添付することとなったことから、指導の内容を踏まえ作成されたケアプランについては、患者の同意を得た上で、当該介護支援専門員に退院後に想定されるケアプラン原案の提供を求められるようになりました。

厚労省老健局振興課から、H26.6.17付で各保険団体へ出された介護保険最新情報VOL.379「課題整理総括表・評価表の活用」ですが、この「課題整理票」を「第2表」の見直し時に活用することで、第2表の作成根拠を明確に示すことができるのではと考えます。

 「課題整理票・評価表(YCM版)」をホームページ上にアップしていますので、各社ケアプランソフトに「課題整理総括表」が組み込まれる迄の間、ご活用いただければと思います。

 各区代表様から区連絡会の時や、メール配信でご周知下さいますよう宜しくお願い致します。

また、各区での説明が必要な場合には委員が直接お伺いしてご説明を致します。

宜しくお願い致します。

[添付資料]

   「入院時・退院時情報提供書」利用にあたっての説明書

    入院時/退院・退所時情報提供書Rev3a(ダウンロードしてご利用ください)

    共同指導・介護支援連携(横浜市立みなと赤十字病院様ご提供)

    「課題整理総括表」(YCM編)

    参考資料:病院・在宅連携ルールの手引き(出展:姫路ケアマネット)



★ご意見はこちらから!


入院時・退院・退所時情報提供書利用に向けて説明書

入退院情報提供書(記入例)

入院時・退院・退所時情報提供書(Ver.1E) 手書き用

病院名などの文字数が足りないとのご意見から、フォントサイズを自動設定するように修正しました。
入院時/退院・退所時情報提供書(Rev.3a) PC入力用 
(2016.05.10修正)

ファイルはWindowsパソコンやMAC、i-PAD、i-Phone、Android(スマートフォン)などで入力可能ですが
Windowsパソコンの場合には、アドビリーダー(Adobe Reader Version 9.5/10/11)のインストールが必須
です。(Version 9 以前の Adobe Reader がインストールされている場合は、「コントロールパネル」から
アプリケーションの削除を実行してから下のアイコンをクリックして、新しい Acrobat Reader をインストール
してください。

                       
←左のアイコンをクリック

また、i-PADの場合には、App Store (アップルストアから)「Adobe Reader」(無料)をインストールしてください。


Copyright © 2010-2014 横浜市介護支援専門員連絡協議会 事務局 All Rights Reserved.