■ 地域包括ケア
更新:2015年03月02日
  
  協議会ホームへ 資料室TOP  地域包括ケア  ケアプランツール  医療連携ツール  要介護認定ツール  介護保険情報

  

What's New

2014/10/04

地域ケア会議実践事例集(厚労省 H26年3月)

2014/10/04

地域包括ケアシステム事例集(日本総研 H26年3月)

2013/03/28

地域ケア会議マニュアル(長寿社会)H25_3

2013/06/05

YCM協議会 地域ケア会議研究会(準備)議事碌_H25_5

     


 高齢者が、住み慣れた地域で安心した生活を送るために『地域包括ケアシステム』の構築が市内でも、行政や医療・介護の関係機関、地域住民などで協働して、地域性を勘案しながら取り組みを進めています。
地域包括ケアシステムを構築していく上で重要な『地域ケア会議』は、平成274月の介護保険制度の改定により、会議へのケアマネジャーの参加もより増えると思われ、その中で、個別課題解決の機能から「自立支援に資するケアマネジメント」が問われ、ケアマネジメントの資質向上も必然となるでしょう。
 しかしながら、依然として市内の地域包括支援センターでは、地域ケア会議の開催方法や「自立支援に資するケアマネジメント」の捉え方や評価の方法も統一されておらず、参加したケアマネジャーも各地域包括支援センターの運営に少なからず混乱する場に遭遇します。


 そこで、
横浜市介護支援専門員連絡協議会(以下YCM協議会)では、これらの課題を小地域の問題だけとはせずに、市内全体の問題として捉え、参加をするケアマネジャーも、地域ケア会議の目的、機能の理解や、議論の進行や結論といった基本的なルールを今以上に習得していき、参加者としての意識を高め、より円滑な地域ケア会議の開催に協力し、地域包括ケアシステムの進展に繋げようという結論に至りました。


 具体的には、YCM協議会として地域包括支援センター職員や居宅のケアマネジャーなどを対象とした
ケアマネジメント研究会(仮称)」を発足して、研修会等の開催により地域ケア会議について理解を深め、進行方法やケア会議の目的、ケアマネジメントの理論を実践的に深めて、自立支援に資するケアマネジメントを理解して、実践に活かせるようにしたいと考えております。     

これらの取り組みにより、地域ケア会議においてもケアマネジャーの発言が、会議をより目的に近づける推進に繋がるものと考えております。

  地域包括ケアシステムにおける介護支援専門員に求められる役割 20131128太田先生 
  平成24年度地域包括ケア推進指導者養成研修(ブロック研修)資料 
  地域ケア会議Q&AH25_2_14 
■ 横浜市ケア会議実施(通知)
■ 
地域ケア会議(自立支援型マネジメントの概要) 
■ 
見える事例検討会(H26年福井 多職種連携) 
■ 
研修報告書(自立支援型ケアプラン作成)201300424 
■ 
H23地域包括支援センターの業務実態調査 
■ 
横浜市における地域ケア会議の取組 
■ 地域包括ケアシステムの構築(社会保障審議会64回資料) 
■ 
研修報告「兵庫県CM協会生涯研修」報告 


Copyright © 2010-2014 横浜市介護支援専門員連絡協議会 事務局 All Rights Reserved.