本文へジャンプ

 



更年期障害

 

 
 (1) どんな病気ですか?
 

 更年期は女性としての生殖能力が終わり、老年期に向かう時とされていますが、人によってかなりの違いがあり、閉経の前後の数年間を更年期と考えてよいと思います。               

 閉経になる率は45歳頃から増加し初め55歳頃にはほぼ100%の人が閉経します。 この時期には主として自律神経失調症が原因となり多種多様な症状が見られることがあり、これらを更年期障害といいます。 

 この症状は個人差があり、治療を要するものから、その内に忘れてしまうほどのものまであります。


 (2)なぜ病気が起こるのですか?

 一つは女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが加齢と共に衰退してくるからです。 更年期に入り、卵巣機能が急激に低下してくると、卵巣から分泌されているエストロゲンという女性ホルモンが減少し、その影響が全身の諸臓器や代謝系に現れて、脳の自立神経中枢にも影響を与えて自律神経症状が起こってしまうと言われています。       

 もう一つの原因は生活環境の変化で更年期を迎える頃は家庭的にも社会的にもいろいろな問題に遭遇する時機となり、個人の心理状態の変化がそれらと互いに絡み合っていろいろな精神心理的な症状が起こってくるものなのです。 


 (3)どんな症状ですか?

 これは卵巣の働きが衰えて女性ホルモンが減少してくるために起こる症状と、社会環境的な因子が原因となるストレス性の症状があり、それらが絡み合って現れます。 この症状の現れ方は人によって差異があります。 

 エストロゲンというホルモンが減少してくると動悸、熱感(火照り)、のぼせ、発汗、冷え症などが起こりますが、これは全身の血管運動を調節する自律神経が失調状態になることによって起こる症状です。 

 又、女性ホルモンの減少で、肩こり、関節症、腰痛など全身の運動器官の障害によって起こる症状も現れます。  

 精神神経障害による症状としては、頭痛、頭重感、腹痛(生理痛も含む)、めまい、不眠、耳鳴りなどが見られ、その他しびれ感、疲労感、食欲不振などの症状も見られます。               
 この様な更年期障害を訴える人の症状は多種多様で、しかも一つの症状だけでなく、複数の症状を訴える事が多く、それらの訴えの強さや種類が日によって変わっていくのが特徴です。 この様な症状を不定愁訴と言います。                            

 (4)治療法は

 
治療としては、薬物療法、運動療法(体操、ウォーキングなど)、物理療法、東洋医学的療法(鍼、灸、漢方)、カウンセリングなどがありますが、これらの多種多様な愁訴の治療を一つ一つ行っていくのではなかなか困難を極めることと思います。 


 
ある症状が一つ良くなると、また次のところがつらくなり、そして又元に戻ったりの繰り返しになってしまうからです。

 東洋医学的治療法は、身体そのものを一つと見なし不定愁訴そのものを全体的に捉えながら行うという方法ですので、全体のバランスを整えられる療法と言えます。

 人間には適度なストレスは無くてはなりませんし、過度なストレスは有ってはなりませんので、ほど良い『ゆらぎ』の生体リズムをうまくコントロールする必要があるのです。

 レーザ治療でも、東洋医学的なツボを使って身体全体の調節を行うことが出来ますし、それも全く痛くなく、副作用も無いというのも大きな治療上の支えでもあり、最近話題になっている治療法でもある由縁でもある訳です。 薬や鍼やレーザ治療を併用しながら行っていくのも一つの方法と考えられます。 

 又、レーザ治療は血行を良くし、自律神経のバランスを整え、治癒力を高める作用を持っています。 更年期の時期には骨粗鬆症も女性は特に気をつけなければなりませんが、血行を良くしホルモンのバランスをそれなりに保ち、新陳代謝を良くすることにより、この病気の予防の一つにもなるのではないでしょうか。 レーザ治療はこれらの働きの手助けもしてくれる様です。

 
レーザー照射をすると写真○のように血行促進反応が現れます 

 更に、レーザ照射は内分泌系を介して血液中のカルシウム量を調節する作用があるとの研究報告も出ています。 

 最近、冷え症、火照り感などの治療にも応用され始めています。

 
(5) 病気に気づいたら?
 

 
 更年期障害の現れ方は、その人の心の持ち方によっ大きく影響されるもので、誰でも避けて通れない道であると考えて気楽に過ごすようにすることや、広く趣味を持つ、仕事に熱中するなどの工夫で心を豊かにすることが更年期を楽に過ごす上でも、更年期障害の予防の上でも必要なことではないでしょうか。 手軽に気長に出来るような治療方法が適当であるとも言えます。 又、この治療を受ける前には、

医師や医療施設での適切な治療指針を受けることも大切なポイントです。 諦めずにイライラせず、病気と仲良くつきあっていくことを心がけましょう。


 (6) 参考
 


 更年期障害は女性ばかりではなく、50歳頃より男性にも現れる症状でもあります。 中高年世代も社会的にも環境的にも戦い抜いてきた企業戦士としての疲れやストレスが溜まってきたところと言えます。


レーザー治療だからできる、安全な星状神経節への治療(自立神経系改善)

症状としては女性と同様なる症状で、手足の火照り、しびれ感、肩こり、腰痛、各関節症、不眠、高血圧症気味だ、最近元気が出ない、気力がない、などがありますが、やはりレーザ治療の適応症状と言えます。 

 特に男性のもっとも関心事でかつ心配事でもある、中高年からなり始める前立腺障害における残尿感や頻尿、おしっこの切れが悪いなどの症状に効果を示し、継続的に行うと、症状の悪化を防止できそうだとの研究発表もされ始めています。 

  男性諸子には朗報と言えるのではないでしょうか。



MTC Care Management Co.,Ltd.
神奈川 福祉情報
WAM NET
からだネット
いわてISOPネット
shiatsu Information
ぴょんこステーション
最終更新日
 
2008年12月10日