変形性頸椎症

(1) どんな病気ですか?

 この病気は肩こりをおこす病態の一つであり、頸椎の椎間板や関節の変形、脊椎の骨棘(コッキョク)、靱帯の石灰化、骨化によって、脊髄から出ている神経根が圧迫刺激を受けるもので中高年齢者で非常に頻度の多い疾患です。

(2) 部位は?              

 特に後頸部、後頭部、肩胛骨内側、上肢付け根などに起こります。

  (3) どんな症状ですか?

 訴えの大部分は疼痛で持続的な重苦しい痛み、脱力感を伴った鈍痛が主で、時に神経痛のキリキリ、ピリピリする痛みを訴える事もあり、この時はしばしば「しびれ」「せき」「くしゃみ」などで増悪するのを特徴とし、手の感覚異常も伴う事も多くあります。 

 他覚的には頸部の可動域制限、圧痛、感覚、筋力、腱反射異常などの脊髄・神経根症状が見られます。 

 【頸部の症状】

 頸部の前屈や後屈、頸部圧迫テスト、神経根伸展テストを行った時に後頸部から肩、上肢に放散する痛みを訴え、手の指にシビレを伴うこともあります。 僧帽筋、板状筋、斜角筋、胸鎖乳突筋などの頸椎周囲の筋緊張と圧痛がみられます。

 【上肢の症状】

 神経根が圧迫を受けると上肢痛と共に、脱力感、疲労感、手指のシビレ、冷感、こわばりを感じる事があります。 殊に手先の仕事、書字、物を摘む動作が出来にくくなり、時間がかかる様になります。 

 感覚異常は、圧迫部位の高さに一致しており、例えば第5頸椎椎間板による圧迫の時は母指、第6頸椎椎間板の時は中指、第7頸椎椎間板の時は小指にそれぞれ感覚異常をきたします。 

 手の筋肉の萎縮や皮膚温、発汗異常、爪の変形などもみる事があります。

  【下肢の症状】

 脊髄に圧迫があると、下肢の歩行障害、腱反射亢進などが現れ、便秘、排尿障害の様な膀胱・直腸の障害を伴います。

(4) 治療法は?

 この病気は後頸部痛、運動痛などの自覚的愁訴が強く現れます。

保存的療法が主体となり、薬物療法としては非ステロイド性消炎剤が有効です。

理学療法は温熱、頸椎牽引、低周波、レーザー治療があります。

治療のポイントは、頸部周囲筋の緊張を和らげることが必要です。 又、就寝時の頸椎の姿勢も大切で、枕の高さを調節して軽度の前屈位をとるようにします。