変形性膝関節症

 

(1) どんな病気ですか?

年をとおてくると体の節々が痛くなり、重たい物を持ったり、長時間歩くことが難しくなります。     ひどくなると階段の上がり下りなどが出来なくなります。

   このような症状の多くは関節の変形が原因となります。     最近は医療状況が良くなり、心臓病、糖尿病、脳血管障害などは死亡率が減少し、高齢化社会を迎えていますが股関節や膝関節、足関節などの痛みの為、自由に行動が出来ない人が増えています。

  体の関節の変形は年齢と共に発現率が高くなり、40歳頃より出現し、以降急速に増加すると言われています。

  変形を起こす関節としては膝関節がもっとも多く起こっている様です。     関節の動かし始めや、立ち上がる時に痛むのが特徴で使い出すと、痛みは一時的に楽になる時がありますが、すぐ又痛くなってきます。 

(2) どんな症状ですか?

よく膝に水が溜まると言いますが、変形性関節症などでは痛みに伴って関節に水が溜まり、放っておくと関節が緩くなり、ますます変形が強くなります。   (レーザ治療では膝に溜まった水を体内にちらす=吸収させる作用があります。)    よく太ったお年寄りで、膝関節に痛みがあれば先ず変形性膝関節症が疑われます。

  膝を曲げたり伸ばしたりすることが痛みの為困難となり、O脚やX脚がひどくなり、歩行や起立動作などが出来にくくなります。   レントゲン写真では関節の隙間が狭くなっていたり、骨棘(コッキョク)と言われるトゲが認められます。

 (3) 治療法は?

 この病気は一種の老化現象により起こりますので、一度変形してしまった関節は正常の関節に戻ることはありません。    しかし、レーザ治療を継続的に行いますと、すり減った軟骨部分が滑らかになると言われています。 (レントゲン写真にても確認されています)    その結果、痛みも和らぎ歩行し易くなるなどということも確かめられています。

  この病気の治療は残された関節の機能を保持し、痛みを和らげることですが、肥満している人は減量が大切ですし、下肢の筋力の衰えている人は筋力強化の為の運動も必要となります。

  治療には薬物療法(注射、薬剤投与)、理学療法(温熱、低周波、マッサージ、鍼、灸)などがあります。   又、関節にかかる負担を軽くしてやる為に補装具の使用や、杖、サポータなどを使用することも一助です。    痛み場所を冷やさないようにして、入浴をしたりして、筋力をほぐすなどを心がけ、日常生活の環境の中で工夫をすることが大切です。

   治療も飽きずに継続的に行うことが必要です。